Nrus

アメリカ在住。絵を描くことが大好きだ!

Release

f:id:nrus2007:20180914091340j:plain

 

 

前回の絵が気に入らなかった。

 

ファラオの名を変えてから、なんと色んな表情が浮かんでくることか!

不思議だ。自分で自分を縛っていたんだな。

 

言葉で理解できていても、

本当の自由を知らなかった。。。。

 

私に向けられた言葉ではないと思うが、感謝する。

 

 

 

 

誰にも言われてないけど(笑)

勝手に、下絵をUPです。

 

絵が出来るまでの過程をUPするつもりでいたんですが、

夢中になり、気が付いたら、、、、すでに出来上がっていた。

 

 

 

 

 

 

f:id:nrus2007:20180914091447j:plain

 

 

こんな風に線でテキトーに目安程度に描く。

 

このあと、ざーと色を置いてゆくんですが、

いつか、違う絵でUPすることにしよう。。。

 

 

 

歳取るのすきじゃない、なぜなら、

死が近づくから。

死が怖いわけじゃない。

 

絵が描けなくなるのが、怖い。。。。

 

 

まだ絵を描き始めたばかりの頃だ、

この国に来て、ファンタシーアートに魅せられた私である。

SPECTRUMという画集があるんですが、

あの頃は毎年買っていた、

毎年一人、グランドマスターに選ばれるアーティストがいる。

 

選ばれし者は、齢、40、50を超えた方々が多い。

 

あの頃思っていた・・・

きっと時間も満ちて、巧みに描けるようになり、

絵が一番楽しいときではないのかな???って

 

自分なりに自由に色々なものを表現し、

思うように描けるようになる、、、、

というのが、あたしの願いだった。

 

この願い、叶えたい。

 

 

じゃ、今日はもう観念して、筆を置く。

 

Prologue

f:id:nrus2007:20180908121741j:plain

ファラオの名は・・・つけた。多分、これでいい、

自分の中で定着するまでは言わん。

 

なんとなくだが、ストーリーがある。これを

カタチにしていこう。

またちまちま描いて行く。

 

二次の二次か??もうどうでもええわい(笑)。

 

 

アメリカに来たばかりの頃、

絵を描き始めた。私はまだ二十代だった。

 

そのころの絵がこれだ。

お恥ずかしいが、もういいの。

 

f:id:nrus2007:20180908112640j:plain

17 year old drawing

 

この絵はペインターではない、アートダブラーという

お手頃価格なお絵かきソフトじゃった。

レイヤーなどという機能など皆無。タブレットはハガキサイズぐらい。

 

 

当時、ガンダムWアメリカで放映されていた。

英語の勉強にもなった・・・か?

覚えた単語が「自滅(self-destruct)」とかじゃなかったかw

どこで使うんじゃい、ってな具合。

 

 

タブレットに描いてモニターに線が出るというのに慣れず、

何度も挫折しかかった。

 

あれから・・・・17年程経った。

歳は取ったが、中身は変わってないんだな(笑)。

 

大人って大人なんだと思っていた。

けど、いざ自分がそういう歳になってみると、

違うことが分かった。

 

よいサイトを見つけてしまった。

 

kamitokatachi.hatenablog.com

 

 

知らなかった!

すごく参考になる、もう鏡の前で怪しい人に

ならんでええ(笑)。

 

ありがとうございます。早速参考にさせてもらいました!!!

Portrait

f:id:nrus2007:20180831130002j:plain

 

髪を結ってみた。名前も変える。

ひょっとすると短髪にするかも。

髪の色も変えるかもしれない。

 

世の二次創作者の方々を心より尊敬している。

これからも、作品を楽しみにしているのです。

 

 

 

アクセスはあまり気にしたくないが、

ここは超がつくくらい、人が来ないです!(笑)

 

だから気にせず描けばいいとは思うのだが、

 

アクセスないのに、以前は注意されたし、、、あははは。

あのときは、歌詞を載せたときでした。

 

著作権が怖いだけです。

ここはてなさんを使わせてもらってる以上、

規約に反するな・・・

 

オリジナルとは言いません。

この髪型も、ピンタレストに載っていたある方の髪型を似せた。

装飾品はきっと今まで見てきた何かを記憶に

とどめてあって無意識に出てくるだけと思う。

 

顔はあたしが描く絵だから、、、、

こんなもんです。似たりよったり。

 

 

この間ライブを観に行ったまだ無名の方々の。

そこの会場では、カバー禁止とありました。

すべてオリジナルの曲でないと

その会場での演奏はできないというわけです。

 

 

あたしは胸がチクリとした。

 

オリジナルじゃない、けど、せめて罪悪感を軽減

させた方向で創作していきたい。

 

 

ファンアートは今後も描く。

映画だったり、ゲームだったり

漫画だったり・・・・

 

 

そのとき、描きたいと思ったものは

描いていいのだよ。

 

それは変わらん。

 

じゃ、また^^