遅すぎた反抗期

f:id:nrus2007:20190908114023j:plain

 

 

時間が過ぎるのはやすぎ!

このままだと、あっという間に寿命が尽きてしまう。

 

この夏は強い郷愁に襲われ、荒れ狂ってました。

 

「日本へ帰らせやがれーーー」とか?

「別離も辞さぬぅううう」とかとか。。。暴言吐きすぎだろをい。

 

一時帰国なんてしない。今度日本へ行くときは、住む為に帰るの!

あたしを育んでくれたのは、あの海だ。あの山だ!あの鳥だったり

虫だったり、

 

子供の頃になんとなく歩いていると、よくこういう場所に導かれていた。

こういうのなんて言うの?祠???

いたるところにあったよ。

 

美しい狐の置物が印象的で、よくそれを持ってひとりで遊んだ。

もちろん、元の場所に戻しましたよ(笑)。

 

無知だった、無邪気だった。おそらく、孤独だったあたしだ。

 

 

 

あたしの名前には漢字の「紀」がある。

この間スタバの外のテーブルでコーヒーを飲んでいた。

前からこちらに向かって歩いてくる人のTシャツの文字がこれだった。

 

びっくりした(笑)。

 

初めてみたな、って、この漢字を刻んだTシャツを着ている人・・・って思った。

 

 

なので、知りたくなった。どういう意味があるのかな?って

 

始める

おさめる、正す

 

と、あった。。。。昔、名前の由来を題に作文を書けと先生に言われた。

そのとき母に訪ねてみたんだ。

母はしばらく考えてから、「紀州が美しいところだったから。」とおっしゃる。

 

子供ながらに、本当かな?って思ったんだ(笑)。

あのときのあたしには、どこそれ??ってな具合だ。

案の定、予定外の子供だったらしい。

 

愛情はたくさんもらいましたよ。

 

でも、あたしは日本のどこかの場所の名を持ったことが幸せだなぁって、

思うんだ。

 

久しぶりでうまく、文章が書けないや。

ブログ、書き始めた頃にブログ年齢なるものがあって、

「8才」という結果にのけぞり、

 

誰かのブログの文体を真似して書いたりした。

そして、今に至る。少しは成長しているといいんだが・・・・

 

 

 

 

 志を果たしていつの日にか帰らん

 

 

 

 

 

 

 

お礼:

むーさん、ここを、むーさんのブログに刻んでくれたこと。

とても嬉しいです。ありがとう^^

寿命が尽きるまで描き続けて行きます。また思い出したら

来てくださいね。